« 飼い主のいない猫たち | メイン | たまちゃん »

2007年04月19日

10番目の子

昨日入院させた長毛サビちゃん。
今日、避妊手術の有無の確認と諸検査をしていただけることになった。
診療時間終了後、今日手術予約の患者さんの最後。

長毛サビちゃんは、保護直後、左目が少し涙目だった。
ここのところの寒さに身体の調整が追いつかなかったのだろう。
食も細かった。

でも、今日病院では、食欲もあると言われた。
きっと、病院内の安定した室温で、身体がホッとしたのだろう。
様子を伺うと、案の定おとなしく過ごしているということだった。

そして、今日の本題の断尾手術について、先生と話し合った。
触診での様子だと、折れているという感じより、しっぽ付け根3pくらいのところまでしか神経が通っておらず、そのためにその先の長いふさふさしっぽは、だらんとした状態。
昨日今日の事故という感じではなく、本人も痛みも無い様子。

室内生活でなら、ドアの開閉など、しっぽが挟まることさえ気をつけてあげれば、本人にさほど不自由はないようだ。

ただ、この先壊死する心配がある。
そこで、今、断尾するかどうか。

検査結果次第なのだが、考えた挙句、この子の身体に、しっぽによっての緊急事態がなければ、今日の断尾は見送ることにした。
セカンドオピニオンのことも考えたが、もう一つ大きな理由。

それは、温厚で人馴れしているこの子は、うちの子ではなく、できれば、もっと向き合って生活してくださる方に迎えていただきたいと思っているからだ。
そうした場合、今、断尾手術を受けさせてよいものかどうか迷った。
もし、この子にお話いただければ、迎えてくださる方の意向を伺ってからでも遅くは無いと思った。
それで、早いうちの断尾を望まれるなら、手術してから送り出しても遅くは無いと思った。

ただ、問題は、あと8匹の入院が控えているので、数ヶ月単位の長期入院をさせておくのが難しいことだ。
その場合、うちに入れるとなるとトイレの問題が起こってくる。
うちは留守の時間が長いので、トイレを監視してあげられない。
すると、短毛の子よりふさふさの長いしっぽなので、引きずるしっぽに便がついたりすると、家中大変なことになる。
それを15匹が、踏みつけるとなると・・・

それだけならまだしも、そんな子を犯人扱いして虐めが起きる。
元来、きれい好きと言われる種の猫族。
そんな中、うちには汚れるということに特に神経質な子達がいる。

昔、さくらがそんなことで虐めを受けた。

さくらは、保護した時、衰弱から、酷いダニとしらみに全身覆われていた。
口内も、病院で今までに見たことの無いくらい酷いといわれる歯肉炎、口内炎、糜爛した腫瘍で痛々しいという状態を通り越すような症状だった。※注:何年もに亘り、何度もエイズや白血病などの検査を繰返したが、いつも陰性だった。
原因は、極度の栄養失調からきたものだと診断を受けた。

保護してから、室内飼いされてたと思われる節が多々見受けられる子であった。
多分、発情してうるさくなったのか、外に放り出されたようだった。
遠くから捨てに来られたのだろう。
そして、ごはんを獲る手段もわからず、路頭に迷っていたのだろう。

当時、考えられるあらゆる治療を施したが、最後まで改善されることはなかった。
そんな状態だったので、いつも涎を垂らし、口内から悪臭もする。
敷物といわず、ベッドといわず、あらゆる場所に悪臭漂う涎がつく。
わたしたちが帰宅して、毎日、毎日、山のように洗濯しても、そのそばから涎はついてしまう。
すると、さくらは汚す根源と見なされ、嫌悪される。
そんなさくらは苛められた。

でも、そんな子に限って、猫見知りしない猫好きで、誰とでもくっついて寝たがる。
そうすると、近寄らないでよと猫パンチの応酬。

今、セラがそれに近い状態。
セラも高齢のせいか(17歳以上)、ちょっとした気温の変化や季節の変わり目などで体調を崩す。
お腹がゆるくなったり、鼻水を飛ばしたり。
それと、トイレがあとちょっとのところで間に合わなかったり、まだら認知症気味なのか、わたしたち人間の動向が気に入らないのか、トイレ以外で用を足すことがたまにある(大きいほうのみ)。
なので、不潔ね。セラちゃんって・・・と、一部のお局様(本人名誉の為、名前は伏せさせていただきます(-_-;))達は、露骨に嫌がる。

でも、セラもさくら同様猫見知りを全くしない子だ。
と言うより、Queen of my pace。
なので、そんなことは気にしないのか、忘れてしまうのか、だれ彼かまわず、自分が寝たいと思った場所で、そこにいた子達にくっつく。
すると、ウォ〜パッシッ・・・

セラもさくらもそんな子なので(だったので)、本人たちは、意外とのほほんと暮らしている(いた)。
でも、この子はどうだろう。
ケージとも思ったが、今は、猫見知りの強いちびっこ(年齢だけ)大怪獣達がいる。
ケージの前後左右上部。全枠取り囲み、上部には入り浸るかもしれない。
そして、全ての個所から、唸り、猫パンチの応酬になるだろう。

それと、汚いの嫌い組みのお姉さま方。
新入りさんには、どうだろう。
生きた心地するだろうか。。

さて、どうしよう。。。

投稿者 aozora : 2007年04月19日 19:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekobaka.com/cgi-bin/MT-3.11/mt-tb.cgi/209

このリストは、次のエントリーを参照しています: 10番目の子:

» あおぞらさんより緊急募集? from ベルクカッツェ - Bergkatze -
あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた11猫たちの行き場所がなくなります。 タイムリミットは5月末日です。 あおぞらさんは個人で猫の保護活動... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月21日 23:37

コメント

コメントしてください




保存しますか?