« たまちゃん | メイン | 10番目の子改め‘きょん‘ »

2007年05月08日

ガッちゃん

不覚にも肺炎になり損ね、GWを高熱と共に過してしまった。
自分では、身体的にそんな傷んでいるとは思っていなかったが、お医者様の見立ては違っていた。
こんな正念場に間抜けとしか言いようが無い。

会社の子達は、GW中も引越し準備のため毎日出社していた会社の人が、ごはんをあげてくれたm(__)m
そんなわけで、急場をしのいだのだが・・・


ガッちゃんが、4/17から姿を見せていなかった。
今までにも会えないことはあったのだが、心配して深夜まで待っていると何食わぬ顔でひょっこりやって来る。
わたしがいる時間に何度かやって来て、運悪くいじめっ子飼い猫達などと鉢合せしたり、いじめっ子の気配を感じるとそーっと引き返し、改めてやって来る。そんな子だ。

それが、毎晩0時過ぎまで待っていても会えない。
そんな日が続き、10日目の4/26、ひょっこり姿を現した。
毛並みがボソボソで、まぁるい体型は見る影もなかった。
慌ててごはんを用意し、
「ガッちゃん。どうしてたの。何があったの?」
などと言うわたしの問いかけには見向きもしないで、ごはんにがっついていた。

ガッちゃんが振り返った時、足に穴があいていることに気がついた。
しまったっ!捕獲して病院へと思った途端、いじめっ子の気配を察し、トトトトト・・・と走り去った。

右前足上部に6〜7mmの穴。
喧嘩して咬まれた傷が化膿し、破裂したようだった。
傷口が化膿したまま塞がらなかったのは幸いだったが、まだ傷口の回りも腫れていて痛々しかった。
このままでは、感染症を起こしかねない。

傷が癒えるのをどこかでうずくまって、じっとしていたのだろう。
傷口が破裂し、やっとごはんを食べにやってきたのだろう。
外生活の子達には、珍しくないことだ。
しかし、このような傷がもとで命を落とすのも珍しくは無い。
がっちゃんは、幸い丸々としていた。体力があった。
だから、どうにか持ちこたえた。

この日、またやって来るだろうと、ずっと待っていたが姿を現さなかった。

翌日4/27、18時過ぎにやって来た。
今日こそと思う間も無く、きじとらお!登場。
ガッちゃんは、きじとらおが怖い。
きじとらおが、ガッちゃんを苛めているところをわたしは見かけたことが無いが、威圧感があるのだろう。
ごはんの一口も口にしないまま、逃げ去って行った。

GW中、ガッちゃんのことがずっと気になっていたが、会社の人もガッちゃんをずっと見かけなかったと言う。

そして、今日。
たった今、ガッちゃんがやって来た。
傷口は、きれいに塞がっていた。
連休前、ガッちゃん用にと念のため病院で貰っておいた薬も必要ないくらい傷は治まっていた。
ホッとした。

実は、この時ちょもがいた。
以前は、ちょもがガッちゃんを追いかけいたので、ガッちゃんはちょもと鉢合せすると、一目散に逃げていた。
しかし、ちょもも、誰がいても自分は自分でちゃんとごはんが貰え、決して自分のごはんんが減ることは無いとわかると、追い掛け回すようなことをしなくなった。
ガッちゃんも、ちょもが敵意を持たなくなったことを悟り、肩を並べてとはいかないが、1.5mくらいの距離で、お互い多少は相手のことを気にしながらも、同じ空間でごはんを食べるようになった。

こんな風になるには時間がかかるが、たいがいの飼い主のいない子達は、共存ということを自ら悟る。
そして、無駄な争いはしなくなる。

いつまで経っても、いつの時代も 欲に駆られ、争いを止めないのは、人間だけではないだろうか。
一人間として虚しい限りだ。


投稿者 aozora : 2007年05月08日 22:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekobaka.com/cgi-bin/MT-3.11/mt-tb.cgi/215

コメント

あおぞらさん!
体調はもう大丈夫なんですか?
たくさんの子供を抱える母親は自分の身の事など
後回しになってしまうんですよネ 大事にして下さい!
がっちゃん良かったです。
本当にそうですよネ

投稿者 ドア : 2007年05月10日 15:30

ガッちゃんまずは一安心ということでホッとしました。
あおぞらさんの体調も回復されましたか?
気候が不安定ですからお体は大事にしてくださいね!

ネコって平和主義ですよね。
気に入らない相手でも一度ケリをつければ
寄り添うことはしなくても適度な距離を保ちつつ同じ空間にいることができますもんね。
路上でツラい生活をしたことのある子はそういうルールをきちんと分かっていて
とても飼いやすく素晴らしいパートナーになってくれることたくさんの人に知ってもらいたいです。

投稿者 いちご : 2007年05月10日 17:43

ドアさん

いつもいつもありがとうございます。
メールもありがとうございます。
ガッちゃんの足の件は、運が良かったということだったと思います。

先週は、きじとらおが耳を怪我してきました。
何だか、騒然としています。

ところで、ドアさんの詩。
どれもわたしのイメージするドアさんそのものです。
温かさがあって、澄んでいて。
行きたいです。行きたい、行きたい・・・
↓ドアさんの携帯サイト♪
http://nepo.co.jp/my/?qid=300087

いちごさん

いちごさんも体調いかがですか。
もう安定期ですか?

>気に入らない相手でも一度ケリをつければ
寄り添うことはしなくても適度な距離を保ちつつ同じ空間にいることができますもん
ね。
路上でツラい生活をしたことのある子はそういうルールをきちんと分かっていて

そうなんですよね。
本当にそうなんですよね。
大声で世間に叫びたいです\(-o-)/

>とても飼いやすく素晴らしいパートナーになってくれることたくさんの人に知ってもらいたいです。

デューク君は、そのお手本みたいな子ですよね。
もっとも、いちごさんとご家族の愛情の賜物あってのことですけど。
でも、いちごさん宅でのデューク君をみていると、いちごさんと赤い糸以上のソウルメイトだったのかもと、時々思っています。

投稿者 あおぞら : 2007年05月21日 20:24

コメントしてください




保存しますか?