« あおぞら家。ことごとく壊れる・・・ | メイン | ガッちゃん »

2007年07月19日

とっても可愛かったガッちゃん

今朝2時。
先生に看取られ旅立ちました。
まだ、3歳でした。

安らぎとは縁遠い短い一生でした。
楽しいこと、嬉しいこと。
いっぱいいっぱい経験させてあげたかった・・・
安心して、目覚めることのできる朝を迎えさせてあげたかった・・・
油断した寝姿。ガッちゃんもできることに気づかせてあげたかった・・・

わたしが、ガッちゃんに急がせた終止符を打たせたのだと思っています。
それでもわたしの進む方向は変えられません。

支えてくれている友人達に感謝しています。
救ってくれた友に感謝しています。

ガッちゃんを心配しながら、いとおしく思って見守ってくださった方々に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
ガッちゃんを救えなくて申し訳ありませんでした。

それでもやらなければならないことがたくさんある今の状況に、初めて猫達にカメのふくに感謝しています。

投稿者 aozora : 2007年07月19日 10:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekobaka.com/cgi-bin/MT-3.11/mt-tb.cgi/275

このリストは、次のエントリーを参照しています: とっても可愛かったガッちゃん:

» ガッちゃんが旅立った from ベルクカッツェ - Bergkatze -
あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた10猫たちの行き場所がなくなります。タイムリミットは5月末日で、ただいま緊急捕獲した猫ちゃんたちの預かりさ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月21日 14:39

コメント

ガッちゃん。よく頑張ったね。
あおぞらさん。ご自分の体調もすぐれないなか、本当にお疲れ様でした。

今は涙がとまりません。
私にもっと覚悟があったらガッちゃんを迎え入れてあげることができたかもしれないのに。
自分のまわりの環境ばかり優先してしまい
何のお力にもなれず心苦しいです。

お腹を出して眠るガッちゃんを見たかったです。
眠っているデュークをなでながら
ここにガッちゃんが寄り添っていたら・・・なんて想像をしてました。

こんなに早く逝ってしまうなんて。。。
ごめんねガッちゃん。
どうか安らかに眠ってください。

投稿者 いちご : 2007年07月19日 17:29

うちでお預かりして、ロミちゃんと斜視のシャッシーズを結成することができず、残念でなりません。

でも、ガッちゃんとあおぞらさんの間には確かに絆があった。
健気で温厚なガッちゃんは今、あおぞらさんの傍にいます。
ガッちゃんの分もほかの猫たちに本当の家族を迎えさせてあげたい。
ガッちゃん、お疲れさまでした。
いつか、絶対にあいましょう。

投稿者 ねこやま : 2007年07月19日 20:21

ご無沙汰してます。
いつも遠くから応援する事しかできず申し訳なく思ってます。
ガッちゃん、安らかに眠ってください。
あおぞらさんのことは、いつも思っています。
今日も、明日も=^_^=のためにありがとう。
そしてご苦労様です。

投稿者 アコベ〜 : 2007年07月19日 21:54

今朝起きたら、天気予報を裏切って日が差していてびっくりしました。
がっちゃんからあおぞらさんへのプレゼントかな。

投稿者 ばあや : 2007年07月20日 23:28

ガッちゃん、お疲れ様でしたね。
遠くから回復を祈ることしかできずにごめんなさい。
ガッちゃんのことはずっと忘れることはないだろうな。
いつか会おうね!
あおぞらさん、体調すぐれない中、無理なさってないですか?
本当に何にもできずにすみません。

投稿者 かのん : 2007年07月21日 22:36

いちごさん
猫達だけでなく、いつもわたしのことまで気にかけてくださってありがとう。
いちごさんこそ踏ん張りどころの大切な時期なのに、悲しい思いをさせてしまってごめんなさい。

>私にもっと覚悟があったらガッちゃんを迎え入れてあげることができたかもしれないのに。
自分のまわりの環境ばかり優先してしまい
何のお力にもなれず心苦しいです。

とんでもないですよ。
幸せのかたまりみたいな笑顔のデューク君を見せていただいていることで、どんなに励まされているかしれません。
MIXI日記の病院でのやり取り。
微笑ましいのと同時に何だかジ〜ンとしてしまいました。
すごく嬉しかったです。

>ごめんねガッちゃん。

こんなことを思わせてしまって、ごめんなさい。
でも・・・ありがとうございます。

いよいよですよね。
それとも、もうでしょうか。
新しい命のご誕生の報告。心待ちにしています。
デューク君がどんなお兄ちゃんになるかも楽しみです。
今度、わたしの友人の赤ちゃんとお姉さん猫の微笑ましく頼もしい話を聞いてやってください。

MIXI会員の方は、いちごさんが病院(人間の)でデューク君のことを話している様子をぜひぜひ読んでください。
猫好きは、知らぬ間に顔が緩んでしまいます。


ねこやまさん
猫達のお世話だけでも手一杯にさせてしまっているのに、その上いつもいつもダメダメなわたしのケアまでさせてしまって、心苦しい限りです。
ガッちゃんも、ねこやまさんに思っていただいたように、シャッシーズとしてロミちゃんのことを見守ってくれるような気がしてます。

>ガッちゃんとあおぞらさんの間には確かに絆があった。

絆をちゃんとたくし上げられなかった。
それが心残りでなりません。

>いつか、絶対にあいましょう

ありがとう。。。
ガッちゃんにとっては、何よりもの言葉です。


アコベ〜さん
>あおぞらさんのことは、いつも思っています。

ありがとう。
また泣けてきちゃいます。
ありがとう。嬉しいです。


ばあやさん
会社の子達捜索を協力していただいたばかりに、辛い思いを増幅させてしまって申し訳ありませんでした。

それから、ガッちゃんに会いに来てくださってありがとうございました。
何回もお線香もあげていただいて、ガッちゃんのようなたくさんのひまわりも。
ありがとうございました。
ばあやさんのひまわりに囲まれて、この世の苦しみから開放され、迷うことなく高く高く上っていけたと思います。

そう言えば、うちの子達を見送る時、季節を問わず、いつも思う存分空を見上げられる天気です。
今まで気づかなかった。
そうなんですね。
あの子達の思いやりだったんですね。
ドン臭いわたしに 雲の上でみんな”オイオイッ!”と、突っ込んでくれているかな?


かのんさん
ずっと見守っていてくださってありがとうございます。
blogも読み逃げばかりしてます。ごめんなさい。
かのんさんが、blogで”そして今度生まれ変わってきた時は、良ければ私のとこに来て。待ってるからね。”と、ガッちゃんに言ってくださったこと、本当に嬉しかったです。
わたしは、大所帯になってから、空へ駆け上がった子達にこの十数年言ってあげられないでいるので。
見送るたびに、ずっとずっと苦しかった。
でも、ガッちゃんは、早く生まれ変わってもいいんだと思ったら、ホッとして、涙が止まりません。
ありがとう。
ガッちゃんは、幸せ者です。
そう思えるようになりました。
ありがとう。

投稿者 あおぞら : 2007年07月26日 07:51

あおぞらさん
ごめんなさい。
ガッちゃんのこんな報告があるのではないかと
ずっと、避けて通っていました。
最後の時間にあおぞらさんのところにいたという事が
ガッちゃんの最後の望みだった様な気がします。
ガッちゃんが最後に手に入れたものの温かさは
かけがえのないものだったと信じます。
あおぞらさん
本当にお疲れさまでした。

投稿者 ドア : 2007年07月27日 21:06

コメントしてください




保存しますか?