« Orange Cat | メイン | 無憂樹くん »

2008年07月18日

解剖

拓哉の容態を心配してくれていた友人達に、厳密に言えば心配させた友人達に拓哉が亡くなったことをメールした。

その中の一人に獣医の友人がいる。
彼女には、うちの子達だけでなく、あおぞら出身の子達やそこのお宅の子達の相談を受けると、いつもいつも色んなことを相談し、アドバイスをもらっている。
猫のことだけに留まらずに。

彼女にはPCのアドレスに拓哉の訃報をメールしていた。
夕方メールに気づいた彼女は、即効で電話をくれた。
「死んじゃったの?何で!」
朴訥とした彼女の口調だが、彼女が拓哉を思い量って、否、彼女らしく命を愛しんでくれていることがひしひしと伝わってきた。
ここのところ拓哉とうちの子達のことで毎日のように彼女に電話していたが、拓哉の亡くなる前の3〜4日間は、連絡を入れていなかった。
なので、彼女にとっても拓哉の訃報は、突然で合点のいかないものだった。
彼女も、拓哉の死を驚いていた。

わたしは泣きじゃくりながら、彼女に質問されるまま拓哉の膨大な検査結果の値を弄り伝えた。
何を質問されているか半分解らないまま、数字を追いかけ、事務的に答えていた。
彼女はその値を呑み込みながら、一連の拓哉の様子と照らし合わせ、その都度の拓哉の状態を把握し説明してくれているのだが、わたしは数字だけが頭の中を駆け抜けて行く。

そんなやりとりが数分続いたと思う。
その最中、彼女から意外な言葉が出た。
「開腹しないの?」
…。
何のことだろう。
「えっ、どういうこと?」

「拓ちゃんの原因を知りたくないの?」

「だって、病院には何も言われなかった」

「そりゃ病院は言わないよ。言えないよ。」

わたしは、思ったままを口にした。

「原因が判っても拓哉は戻ってこないもん」

「そっかー。でも、今後同じような症状の子がいた時のためになるよ」

・・・。・・・。

その言葉に酷く動揺した。
拓と同じ症例の子の苦しみが減るかもしれない。
検査だって、ピンポイントで済むかもしれない。
命が助かる子が、増える。
わたしのように後悔に押しつぶされそうになる人が一人でも減るかもしれない。
わたしの涙と反対の涙で、愛しい者を抱きしめられる人がいるかもしれない。
呼吸する愛しい者を抱きしめる人が・・・

彼女は、医者の立場で、見捨てられた多くの外の子命を救い出し続けている一個人として、わたしに気を使いながら、遠慮がちに、彼女なりに思い切ってわたしに聞いたのだとわかった。
それに、拓哉の死が納得できないこともよくわかった。
今回拓哉がお世話になった病院は、彼女の元同僚が開業した病院だったから尚更だと思う。
どうしてどうして・・だけの今のわたしに、何でも言いたいことを言って、疑問を全部ぶつけて、原因究明をしたほうがいいと思ったのだと思う。
この病院なら、どのような結果が出ても院長がありのままを伝えてくれるから、こう言ったのだとわかっていた。
結果の良し悪しを問わず、納得がいく原因究明が出来ると彼女は思ったのだと思う。


混乱した現実の中、わたしに確実に届けられた拓哉からのプレゼント。
拓哉は、わたしの傍に確かにいる。

拓哉の濡れ衣。
それでも拓哉はわたしの絶対的味方。

投稿者 aozora : 2008年07月18日 18:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekobaka.com/cgi-bin/MT-3.11/mt-tb.cgi/389

コメント

コメントしてください




保存しますか?