« さくら命日 | メイン | 浮き球とふくれ玉 »

2010年08月22日

アイムス・ユーカヌバ自主回収ーその2−

20日にP&Gから電話が来た。
やっと来たか・・・
しかし、空いた口がふさがらない電話となった。

まず、耳障りだったのが、うんうんと返事をすること。
わたしは、友達でも親しくもないのに、ましてやこちらが客という立場なのにうんうんと返事をする、相槌する対応が大嫌いだ。
今回に限らず、色んなシチュエーションでこんな対応に合う。
いつ頃からだろう、こういった接客が目に付くようになったのは。
こういった対応を受けると、その企業への信頼感を失くす。

先日のお客様相談室では教えてもらえなかったが、アメリカ国内向けの製品にサルモネラ菌が混入していたそうだ。
先日の話と総合すると、同じ工場で製造期間によって出荷先を分けているようだ。

まず、検査方法は知らせることが出来ないということから切り出された。

5/19製造のアメリカ国内向けの物にサルモネラ菌混入。
わたしの想像とは違い、以下のように製造過程で混入の形跡があったのではなかった。

どの段階で混入したのか聞いた。
製造過程か原材料か・・

回収にいっぱいでまだそこまでは・・・

じゃぁ原因究明もまだなんですか?

回収を必死でやっているので・・

では、今後同じことが起こらないようにとの改善策も原因が究明されないことにはできませんね。

ええ、何しろ療法食ですので第一に回収を
普通食だったら、こんなに大騒動にしなかったかもしれない
でも、療法食なので、大事になると思ったが踏み切った。
日本向けは安全ではあるが回収に踏み切った。

はぁっーーーー??
はぁっ=======?????
何言ってるのか、解って話してるんだろうか?????????
でも、こちらがそうですかとおとなしく聞いていると

何しろなくては困ると言うお客様も大勢いらっしゃるので、回収をとにかく回収をしています。

??????
回収が一段落したら、原因究明、改善策なしにまた作って販売する気???

何だこの会社と思いながらも、冷静に、原材料と判明してないということはと思い、
製品になった状態で、サルモネラ菌は発見されたということですか?と聞いてみた。

すると、はい。
製品になった物の通常の検査で発覚しました。

加熱してもサルモネラ菌死ななかったんですか?

・・・(無言)

じゃぁ、袋を開けたら菌が繁殖していたんですか?
異臭がするとかの異常があって気づいたんですか?

いえ、通常の細菌検査で発覚しました。

通常の細菌検査で発覚したんですか。

検査方法は、お知らせできません。

サルモネラ菌混入が、どうして弊社品質基準に満たない製品の出荷となるんでしょうか?

サルモネラ菌ということを出すと、もっと大騒ぎになる恐れがあったのでというようなことを言ってのけた((+_+))

お口あんぐりになって、何を言っても駄目だと思った。
でも、最後に信頼したいんです。
安心して与えたいんです。
今まで普通食も、療法食も信頼して長いことたくさんの種類を使ってきたのでと言ったら

ありがとうございます。
お客様とお話しが出来て本当によかったですと、すっとぼけたことを言った。

わたしは、今回の件のお客様相談室では、まともな回答が得られないので、今回の件を把握している、わたしの疑問に答えられる責任者と話したいと伝えた。
それが、うんうんと返事をし、回収全力投球しか言わないすっとこどっこいだった。
ますます不信感が募った。

後日、海空のかかりつけの先生と話した。
対応の悪さが耳に入ってくると言った。
また、動薬屋さん(この場合動物専門の食品会社・薬品会社も含めてという意味で仰ったのだと思うが)が、人間専門(今回のP&Gのような)のところに吸収されちゃうと駄目な場合が多いんだよね。。と・・・

投稿者 aozora : 2010年08月22日 06:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nekobaka.com/cgi-bin/MT-3.11/mt-tb.cgi/550

コメント

コメントしてください




保存しますか?