2004,5
4月 131415161718225月 6月
7月 7131518212223252627288月1日 9月28日
10月 1518日   11月 24日のしっぽ
GW 5/6
GW中はビジターが多い。
年末年始、お盆の時期もだ。
ごはんは誰かにもらえるだろうという意識で、皆出かけてしまうからだ。
なので、餌場が荒れる。
闘争本能がめっきりおさまっている翠も、見知らぬ雄がうろうろすると落ち着かなくなる。
そうなると、急に飛び出し事故に遭う可能性も多くなる。
また、喧嘩での怪我も心配だ。
だが、この時期ごはんにありつける子はまだ幸せだ。
毎年ながら、憂鬱な期間だ。

翠は怪我も完治し、風邪も治まった。
同じくサガンも翠と一緒に風邪が治まった。(ご心配下さった方々ご報告が遅くなりすみません)

サバ白チビは、益々人恋しさ、猫恋しさが募るのか、わたしにべったりになった。
わたしと二人きり?(一人と1匹きり)になれる時間を待ちわびている。
抱っこして、お腹を撫でていると目を閉じ、しがみついてウトウトする。
事務所内を締め切っても外に出たがる様子をみせない。

今日は、チビが事務所内にいるとき近所のいじめっこがやって来た。
この子は、わたしに遊んでほしくてやってくる。
そのくせ、ウ〜ウ〜唸ってすぐ咬みつく。文句ばかり言っている。

でも、自分以外の猫がわたしの許にいるのが許せない。
なので、わたしのところに通ってくる自分より弱い女の子や若い猫を徹底的に苛める。
自分より強そうな子がいる時は、そーーーっと帰っていく。
その足取りは、抜き足差し足・・・

白サバチビも何度も追いかけられ、道路に飛び出し、道の真ん中で捕まり、全身羽交い絞めにされ団子状態で転がったこともある。
その度に、走って駆けつけるわたしは息も絶え絶えだ。

そんな目に遭っているのに、チビはガラス越しにリンオ(仮名)にウリウリしようと近づいた。
すると、リンオはウ〜〜〜と凄む。
この時のリンオは、いじめっ子以外の何者でもないと言う顔だ。
でも、リンオは家庭の事情で寂しくて仕方が無く、愛情を求めてわたしのところへやって来る。
それを感じるので不憫なのだが、苛めっぷりには閉口する。
リンオももう10歳近いので、もう少し穏やかになってくれればいいのだけれど・・・
本人(猫)曰く、これも個性だ(`´)

猫じゃらで遊びつかれ、ひと休み   抱っこ中        頬寄せ合って迷惑気味 プライバシー保護のリンオ